子どもの足育に関して

もし、お子様の足がこうなっていたら・・・

出来れば小学生までに改善をしてください。

靴のやまごんスタッフが丁寧にカウンセリングし、改善のアドバイスを致します。

人生で一番大切な時期は3~7 歳ですこの時期に足に合った靴を履き、きちんと運動している子どもは自然と土ふまずができて、運動機能が上がり、姿勢もよくなります。

しかし、近年2人に1人が正常に成長できていないのが現状です。正しい靴の履き方すらできていない子どもが多く見受けられます。
お母さんお父さんの靴と足への関心が少ないのも事実です。足は人間の土台で、足指の筋肉は全身につながっています。

足や足指が変形している子どもは、足(土台)が不安定となり、運動機能や姿勢に影響します。

土ふまずが少ないと疲れやすく歩きたくないので、色白でポッチャリの子どもになりやすいです。
足が子どもの人生に大きな影響を与えます。お子様の為にも是非1度計測しに来て下さい。

こんな靴を履かせるのは、NGです。足育に適さない靴(足が固定出来ない靴)

 絶対にしてはいけない事

お下がりは絶対ダメ!
お兄ちゃん・お姉ちゃんの履きグセと歩きグセがうつります。
それによりおかしな歩き方・姿勢になってしまいます。

特別に公開します!正しい靴の選び方と見分け方

子どもの靴選びは食事と同じで子育て・しつけの一環です。是非ご相談ください。

子どもの足の悩みに関しては、お気軽にご質問・ご相談ください。
靴のやまごんには、足育先生はじめ、足と靴の専門家は多数おります。

※約1ヶ月先までご予約が埋まっている事が多いので早めにご連絡を頂きますことをお勧めいたします。

子どもの足形計測会実施中!予約優先

最新足圧器「フットルック」で子どもの足の成長を見てカウンセリングさせていただきます。
カウンセリングはご予約優先になりますので、各店舗へお問い合わせください。

姿勢変化の一例

足に合った足育先生おすすめの靴に、足に合った足育先生おすすめのインソールを入れると姿勢が変化します。

※画像は、成人女性です。
足元だけでなく、骨格全体の形成が出来上がった成人でこの変化です。
これから形成されていくお子さん達の身体の成長発達にはとても大きな結果となることでしょう。